イケ面

那須与一

頃は二月十八日、酉の刻ばかりの事なるに、折節北風はげしくて、磯うつ浪も高かりけり。
舟は揺り上げ揺り座え漂えば、扇も串に定まらず閃いたり。
沖には平家、船を一面に双べて見物す。
渚には源氏、轡(くつわ)を並べて是をみる。
いずれもいずれも晴れならずと云う事なし。(晴れがましいこと言う事ない)


与一目を瞑いで
「南無八幡大菩薩、
別しては我が国の神明 (とりわけ故郷の神々たちよ)
日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神
願わくはあの扇の真中射させてたばせ給え。これを射損ずる程ならば、
弓切り折り自害して、人に二度(ふたたび)面向こうべからず。
今一度本国へ迎えんと思し召さば
この矢はずさせたもうな!」

心の内に祈念して、目見開いたれば、風も少し吹きよわって
扇も射よげにぞなったりける。
与一鏑(かぶら)を取ってつがい、よっぴいてひやうど放つ。
小兵といふじょう、十二束三ぶせ弓はつよし
鏑は浦響く程長鳴りして、誤たず扇の要際一寸ばかりを射て
ひいふっとぞ射っ切たる

鏑は海へ入りければ、扇は空をぞあがりける。
春風に一揉み二揉みもまれて、海へさっとぞ散ったりける。
皆紅の扇の日出したるが、夕日の輝やいたるに( 赤地に金の日輪の扇が夕日にきらめく)
白浪の上に漂い、浮きぬ沈みぬ揺られければ
沖には平家、船ばた叩いて感じたり、
陸(くが)には源氏箙(えびら)を叩いてどよめきたり。


映画みたいなかっこいいシーンだと思う。
・・・ひいふっとぞ射っ切たる・・はひゅンと音を立てて貫いて過ぎたという意味。
へろへろポトンじゃなんだかな~だもん。
矢の直線のベクトルと扇の上に舞いあがる意外な乱れの動きが美しい。

齢二十ばかりの那須与一、私が思う日本一のいい男。
by donburakon | 2014-02-17 20:09 | 本・映画・アート | Comments(0)