筋トレとストレッチ

食事制限と有酸素運動をせず体を絞るということにトライして2週間くらい。

筋力がついてくると回数を増やしたくなりますが、そこを我慢。
正しいフォームで、出来る限りゆっくりやることに切り替えてます。
(吉田都さんやユーチューブにupされてるバレエ系のトレーニングとかは5回か多くて10回だから。)
でも回数よりこっちの方が効くな~と思う。
さらにバレエ系トレーニングのアドバイス通りにすると腹筋なのに足首や背中、二の腕とかも締まる!
ストレッチも骨格や体の仕組みを説明しながらアドバイスしてくださる方が多くてありがたいのです。
本当にね痛くないのに伸びるの。不思議よ!
体がよく動くって気持ちいいなぁとしみじみ思ったの。
洗濯ものを干すのもお風呂洗うのも掃除機もすごく気持ちいいのよ。
という訳でもう少し自重筋トレとストレッチ続けてみます。

腹筋と肩甲骨といえばあれよあれ、ジョルジュ・ドンのボレロ。
これだけアップで長時間見続けられるの無い訳で・・・
どんぶら子ギエムのボレロの方が昔は好きだったの。シャーマンぽいというかカッコいいから。
ジョルジュ・ドンの方はなんか官能的過ぎてエロくて凄いけど苦手だったの。
でもこの頃なんて綺麗な人なんだろうって思うようになったの。
今はドンのボレロのほうが好き。
やっぱり相変わらずドンのボレロは男性の濡れ場そのものだって思うんだけど、ああ人間って本当にキレイだなって思えて幸せ。









[PR]
# by donburakon | 2018-06-16 22:05 | あがき | Comments(1)
ストレッチポールを買った。
ホームセンターで2000円くらいの物。
吉田都さんが使っているのをユーチューブで見て欲しいな~とずっと思っていたから。
吉田都さんはストレッチ+ピラティスな感じで使っている。
とてもキレイな姿勢で見ているだけで楽しい。
が、やるのは難しい。

仰向けになってプルプルしているとニャンコ達がお腹に乗ってくる。2匹。
足上げ腹筋の時も必ず乗る。
どいて~と言っても降りない。猫と言うのは基本人の言うことは聞いてくれない。
誰かがこの姿見ても猫と遊んでいるとしか見えないと思う。

ダイエットと有酸素運動をしたほうがいいとは解っているけれど頑張る気力が無い。
取りあえず猫をよけながらプルプルを続けてみようと思う。


[PR]
# by donburakon | 2018-06-05 00:07 | あがき | Comments(2)
草取りする元気が出てきたけれど梅雨入り。
筋トレすることにしました。
気力が出るって素晴らしい。

どんぶら子スポーツは好きではないのだけれど、体のメンテは好き。
体育会だったせいだからか美容より筋トレのほうが続く。

大体は筋トレと泳ぐのを組んでするんだけど、子供たちの進学や受験の時はさすがに余力がいっさい無かった。
終わった後も1,2年は気力が戻らなかったよ。
元気がもっと出たらまた泳ぎたい。

自重の筋トレのよさは筋肉を肥大させないで鍛えられるところ。
あと次の日に疲れを残さないように組めること。
ジムだと気を使って無理してしまう。それに大きい負荷を与えられがちなのが苦手。
筋肉デカくしたくないの。ゴリゴリした体の良さが今一つ解らいないので。
なんで仁王様みたくしたいのかな?
東大寺戒壇院の四天王様の方が素敵だと思う。適度に脂肪がのってて大人な余裕って感じで。

ボリショイの韃靼人の踊りを見ていたら、スパルカタスを見つけた。
すごく素敵。特に3分位からの男性ソリストのカッコよさったら。
ボリショイやっぱ最高。







[PR]
# by donburakon | 2018-05-31 21:20 | 楽しみ | Comments(0)

低体温は損ではない

シプレが好き。
複雑なのに重々しく無いとこ、ノーブルなところが好き。ちょっと中性的なところも。
シプレ-フローラル、シプレーフルーティ、シプレーオリエンタル
色々あるけれど私の肌は体温が低いせいかどれも華が出ない。
全く出ない訳では無いのだけれど・・・何というかゴージャスな感じにならない。
折り目正しく乱れきることが無いそんな香り方。
でもその歯がゆさがたまらなく好き。

オリエンタルやフゼアは私の肌ではトップのシトラスと次いで来る香りがいい感じに重ならない。
ガツンと1発それからもう1発な香り方になってしまう。
ハーモニーにならないのは体温とドライな肌質のせいだと思う。
でもシプレが入ると何故か穏やかに整う。
ラストまで盛り上がりを見せることは決してないけれど静かに消えていく。
それが自分に合っていると思う。

夜間飛行のプロペラボトルを使い始めている。
EDTとは違ってパフュームは棘々しさが無い。とっても使いやすい。
甘いけれど野性味があるそしてシプレーも感じた。
低体温は損であるかどうか。
私は嫌いではない。例え本来の良さが出なかったとしても。
香りの楽しみ方はいい香りを求めるだけでは無いのだから。

香水は甘さ優しさだけで作られてはいない、スパイシーで荒々しいものが必ず含まれている。
力強くて猛々しいもの。
野生的とは男性そのものだと思う。
美しいものだなと思う。







[PR]
# by donburakon | 2018-05-24 00:19 | 香水 | Comments(0)

怖い話

怖い話というものが好きだった。漫画とかホラー映画とかオカルトな話とか。
でもこの頃はなんかどうでもよくなった。
怖くない!
寧ろ景気とか体調とか親の介護とかのほうが怖いよなぁと思う。

先日2か月で辞めた会社は小さい支店で社員は7人だった。営業の人が4人で私の課は3人。
私の課は全員女性で係長と、30代美人と私。
その美人が「視える人」だと言うのである。毎日のようにそっち系の話をふってくるのである。
電化製品が壊れても、無人なのにチャイムがなる時とか、パソコンや電話の調子が悪い時とか毎回、毎度。
「今いた」とは言わない。
「ここ居るんだよね」って。にやにやしながら。
・・・私にはその笑いが怖かった。見えない人に繰り返し話すその真意が!

最初は私も怖くなったものだけれど、しばらくしたら
「毎日このように一緒に活動してくれるならば最早スタッフと思えばいい」
そんな感じになった。

なんかメンド臭かった。
そしてオカルトがいつのまにか怖くなくなったいた。
でもたった2ヶ月なのにその仕事を辞めたらどっと疲れが出て気分もLowになっている。
もしや~

なんてね。
実は自分的には四六時中クヨクヨ、ヨロヨロな自分の性格の方がよっぽど怖い。
食っちゃ寝していたら体重が3キロ増えていた。そっちもかなり怖い。







[PR]
# by donburakon | 2018-05-15 20:56 | 勘弁して | Comments(0)